今井翼さんが昔の恋人の屋根裏部屋に住み着くという奇妙なドラマ「屋根裏の恋人」。1話では登場人物の闇が明るみにどんどん出てきそうな前振りでした。屋根裏の恋人1話の感想をあらすじネタバレと共に紹介します!

 

スポンサーリンク

屋根裏の恋人(やねこい)ドラマ1話。キャストの感想

https://twitter.com/tokaitv_dodra

屋根裏の恋人(やねこい)登場人物

西條衣香(さいじょう きぬか)役:石田ひかり

主婦44歳。鎌倉マダムとして雑誌に紹介。良妻賢母の仮面を付けながら生活。

家族に内緒で借金があり、昼間コッソリとチャットレディをしている。

西條誠(さいじょう まこと)役:勝村政信

証券会社のトップアナリスト。出世に命をかけているといっても良い。

西條千鶴子(さいじょう ちづこ)役:高畑惇子

誠の父の後妻。名の知れたベリーダンス講師。派手で自分はいつでも主役でいたい。

西條帆花(さいじょう ほのか)役:大友花恋

母・衣香の自慢の娘であるが当の本人は、良妻賢母である母をどこかで軽蔑している。恋人ができ、恋人にどっぷりハマる

西條勇人(さいじょう ゆうと)役:高橋楓翔

勉強の出来る優等生だが、学校ではいじめにあっている

瀬野樹(せの いつき)役:今井翼

20歳の頃、衣香と出会い惹かれ会っていたが突然姿を消した。ベールに包まれた男になり18年ぶりに衣香の前に現われる。衣香の出ていけという言葉を無視し、衣香の家の屋根裏に住み着きだす。

菅沼杏子(すがぬま きょうこ)役:三浦理恵子

衣香の友人。やり手ファイナンシャルプランナー。稼いだお金は美のために投資。ブランドバッグに派手な衣装で衣香の所へやってくる。

 

 

ベリーダンスを踊る高畑淳子さん、さすが女優さんですね、胸にハリがあるって思いました。さすがに二の腕の筋肉はユルそうですが。

 

今井翼さん、久しぶりに見たけれど、太ってしまいましたね。知らなかったのですが、病気で休養されていたんですね。復帰されて良かった。

 

三浦理恵子さんと言えば、特命係長で色気たっぷりのイメージが強いです。屋根裏の恋人でも、やはり色気たっぷりの役所です。スタイルの良さとハイヒールの履きこなしはとてもスマートです。

 

スポンサーリンク

 

屋根裏の恋人(やねこい)ドラマ1話の見どころ

石田ひかりさん演じる、衣香の心の声が見どころですね。こういう女が嫌いだああいう女が嫌いだ。などと笑顔の奥でつぶやく心の黒い声が面白いです。

 

良妻賢母で外から見たら、何一つ不自由の無い絵に描いたような幸せを手に入れた女性・衣香。みんなから羨ましがられる存在。

しかし夫婦生活は無く、夫に女の影を感じ取っています。そこを問い詰めるでも無く、家庭を守るために仕事で遅くなるのは仕方ないと夫に理解を示す妻を演じています。

 

ホームパーティーを開催し、ベリーダンスを披露する千鶴子。衣香の夫・誠を挑発するようなダンスは何か意味があるのか勘ぐってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

屋根裏の恋人(やねこい)ドラマ1話の感想

出演者それぞれが謎めいていて、特に平穏を装った衣香がこれからどうなっていくのかが楽しみなドラマですね。

特に杏子(三浦理恵子さん)との掛け合いが、女ならではのやりとりです。杏子に声をかけ終わると、衣香の心の中の声がはじまります。

 

千鶴子(高畑淳子さん)は、何か企んでいそうに違いないと思えます。もしかして息子・誠(勝村政信さん)と怪しい関係なのか?なんて考え出してしまったり、、。

 

樹(今井翼さん)の話し方は、無表情で冷酷なんです。淡々と話してきて、感情の起伏って物がありません。なぜそうなったのかそれもこれからのお楽しみ展開の一つです。

 

スポンサーリンク

 

屋根裏の恋人(やねこい)ドラマ1話のあらすじ。ネタバレ有り!

ホームパーティーを開く西條家。そこには誰もが羨ましがる豊かさが溢れている。家族を連れて一緒に暮らしてくれる決心をした息子夫婦をありがたいという姑。

 

良妻賢母、衣香は鎌倉マダムとして雑誌に紹介される。誰もが一度は憧れるセレブ妻。衣香の高校からの友人杏子も羨ましがる女性の一人だった。

 

パーティーのフルーツを補充しようとキッチンに入ると、後ろから口を押さえられる。その手は、かつての恋人・樹(今井翼さん)だった。

 

借金を背負っていて逃げている途中で、見つかったら殺されるから囲まって欲しいと頼んできた。断るが、18年前の話が始まる。言い争いが始まりかけたところへ、姑・千鶴子(高畑惇子さん)がやって来る。

 

千鶴子から、誠(勝村政信さん)があなた(衣香)を連れてきたときの事を聞かされる。物欲しげで、何も持っていない、空っぽのあなただったから、誠さんが好きに染めていけば良いと思ったと。

 

寝室で夫の上着からイヤリングが出てきた。

『妻に挑戦状をたたき付ける女がいる。私の方が愛されていると』衣香は心でそう思いながら、気にしてない平気の振りを夫にした。

夫を求めるも答えて貰えない衣香。

『世の中には夫も子どももいるのに胸にポッカリ穴のあいた寂しい病にかかっている女がいる。そんな女が私は世界で一番嫌いだ』

 

すると天井から血が落ちてきていた。屋根裏にあがるとネズミが死んでいた。処理をして下に降りる衣香の視界に樹が入る。

 

寝室に戻ったものの眠れない衣香は、屋根裏にいた樹の所へ行く。衣香が出て行かないなら警察を呼ぶと言うが、衣香に葬られるならそれで構わないと言い出す樹。

 

翌日友人の杏子がやってくる。千鶴子が実は3億もの大金が入ったという秘密を杏子から聞かされる。その日は衣香の誕生日でも有り結婚記念日でもあった。

 

お祝いの料理とケーキを準備してまつ衣香のもとへ、娘と息子がら今日は外でご飯を食べると連絡が入る。ため息交じりに一人で料理を食べる衣香。

 

そこへバイオリンの演奏が聞こえてくる、樹が弾いているのであった。その曲は衣香の好きな曲。屋根裏に向かう衣香。樹がハッピーバースデーを演奏すると、止めて!!と衣香は、強くさえぎった。

 

18年前の衣香の誕生日、待ち合わせのお店に樹は現われなかった。18年前におめでとうと言えず後悔していた樹。抱きしめて謝る樹に出て行ってと言い放ち去っていった。

 

社長と会食が入ったからと遅くに帰ってきた夫・誠。迎えた衣香は、夫の嘘に家族のためだと分かっているからと答え、香水の匂いがすることだけ夫にいった。

 

臆病で不器用だったけれど真っ直ぐだった。けれど今は嘘だらけ。

杏子には意地悪を言われ、心で馬鹿にされていること。

借金があるから出会い系さくらのバイト。世間にはおうちサロンを始めるセレブ妻。

愛され妻、夫はもう自分に関心が無くなった、もしかして浮気しているのかも。そんな事を気にしながらも夫には何も言えないでいる。

 

悲しいのに泣かない、怒っているのに平気なふり。世間体やプライドを守っているのか?昔の衣香は心から笑っていた。オレにはあなたの悲鳴が聞こえる。オレがあなたの壊れそうな心を守ってやる。樹に言われついに衣香は樹とキスをしてしまう。

 

『自分に嘘をつき続けると何が嘘で何が本当か分からなくなる。』

 

チャイムが鳴り、衣香が玄関のドアを開けると警察官が2人立っていた。「この男性を知りませんか?」と聞かれ、知らないと答える衣香だったが、実はその男性に襲われ、恋人だった樹に助けられていた過去があったのだった。

 

昔、衣香を襲った写真の男性が殺され、所持品の中に衣香が掲載された雑誌の切り抜きがあった。そのため警察は衣香を尋ねてきたのだった。

 

スポンサーリンク

 

屋根裏の恋人(やねこい)ドラマ1話の感想。あらすじネタバレまとめ

衣香と恋人だった樹との今後

夫・誠の浮気相手は誰

義理の母が3億もの大金を手にしたワケ

友人・杏子の目論見

衣香を襲った男を殺害した犯人とは?

 

これらの事がこの先分かってくると思います。色々な謎があって興味深いです。そして衣香の心の毒声が、物語を面白く演出してくれています。女として共感できるところ、女の人は腹の中でこんなこと考えてるんだって分かると男の人は怖いって思うかも知れませんね。

 

スポンサーリンク