渡辺直美さんが京都の観光名所を案内??そんなドラマがあったのをご存じですか?ドラマ「五つ星ツーリスト」で渡辺直美さんの演技が上手いと思いました。ドラマ「五つ星ツーリスト」1話の感想とあらすじをご紹介!

 

スポンサーリンク

渡辺直美ドラマ主演の「五つ星ツーリスト」1話あらすじ

入社1年目の佐竹(山本裕典)は、上司宮田(星田英利)に目の敵にされている。出世欲の強い上司宮田は、自分のミスを部下のせいにするタイプ。

佐竹の高学歴家庭環境を妬ましく思っている。

 

そして有名なクレーマー松永和彦(西岡德馬)からの旅行依頼を佐竹に押しつける。佐竹が初めて添乗したツアーは、最初から最後まで怒られっぱなしの旅となった。

 

そして今度は、松永和彦(西岡德馬)自身から行きたい観光先と旅館のリストが送られ、ツアーを組むように依頼される。

 

予約の取れない旅館、予約が1週間前から必要な観光名所。リストの予約は全滅。頭を悩ませ、トイレにこもった佐竹は、トイレ掃除にきた高瀬京香(渡辺直美)と鉢合わせする。

 

高瀬京香(渡辺直美)にリストの先は全て予約は無理だと佐竹は教えてもらい、高瀬京香(渡辺直美)にクレーマー松永和彦(西岡德馬)を満足させるプランを作ってもらうよう頼む。

 

高瀬京香(渡辺直美)が、社内で問題を起こした社員が飛ばされて自主退職を促される“処理場”=「中央処理センター」にいる社員だと知った佐竹は、自分でなんとかするとその場を去った。

 

しかしプランが立てられずに頭を抱える佐竹の元に「中央処理センター」からの書類が届いた。それは、クレーマー松永和彦(西岡德馬)への旅のプランだった。捨てようとしたが先輩社員に素晴らしいプランだと教えてもらい高瀬京香(渡辺直美)にプランを譲ってもらうように頼みこむ。

 

高瀬京香(渡辺直美)が添乗員、元営業社員で今は「中央処理センター」にいる川端(寺島進)が道中のドライバーという条件の下、旅が始まることになる。

 

クレーマー松永和彦(西岡德馬)の妻と息子夫婦の4人が旅行に参加。名所が入って居ないと文句をいう松永だったが、工務店勤務の松永は、京香が案内した建物の技術に興味を持ち始めた。

 

松永一家4人を案内しつつ、息子嫁の浮かない顔を察した京香(渡辺直美)。実は、新婚旅行に両親が付いてきていたのだった。

 

スポンサーリンク

 

渡辺直美ドラマ主演の「五つ星ツーリスト」1話 感想

渡辺直美さんの演技が上手だなーって印象を受けました。嫁の浮かない顔を見て考察して、プランを変更。そしておかめ像の前で京香(渡辺直美)と嫁が二人で話すシーンがあります。

 

おかめ像が建てられた由来などもドラマ五つ星ツーリスト」の中で取り入れられていて、よく考えられたドラマだと思いました。

 

嫁は自分が、松永家にふさわしいのか試されている気がして、心の内を閉じ込めていますが、最後には丸く収まるパッピーエンドなのもこの話は良かったと思いました。

動画配信サイトで探したけれど無かったのでレンタルになります。しかも取り寄せ、、。地方は何かと品薄なのが困ります。

 

しかし30日のお試しが出来るTUTAYA宅配レンタルがあります!

取り寄せを店頭ですると、申し込む→3,4日待つ→電話→取りに行く。という段階を踏みます。TUTAYAが目の前にないのと、ディスクの場所を探したり取り寄せの紙に連絡先を書いたりと面倒です。

 

そこで便利なのがTUTAYA宅配レンタル!返却は郵便ポストでOKなんです。最近はコンビニにポストが設置もされているので楽になりましたよね。

 

お試し出来る期間が30日あるので体験してみてはいかがでしょうか。

 

>>TSUTAYAレンタル、お試し登録はこちら!

動画配信が終わっていたり、昔懐かしのドラマ・映画が豊富なのがTUTAYAレンタルの良いところ。登録して、家にいながら注文!時短になって楽チンです。