4月15日(土)公開のコナン映画、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の主題歌が倉木麻衣に決定しました。この最新曲でコナン作品とのコラボが通算21曲目になった。主題歌への想いとは?

 

 

倉木麻衣のコナン主題歌、渡月橋 ~君 想ふ~

Yahoo!ニュースによる倉木麻衣さんのコメント

「シナリオをいただいた時から、“から紅”の奥深い色合いがふわーと浮かび、サウンド的に和の雰囲気を取り入れたいと思いました。映画の中の高校生の爽やかな恋模様、コナンくん作品ならではのドラマチックで美しいストーリーを彩る一曲になったら嬉しく思っています」

話の雰囲気が取り込まれた倉木麻衣さんの曲を早く聴きたいですね~。

倉木麻衣コナン主題歌とのコラボ、ギネス申請!

この最新曲で、コナンとのコラボが通算21曲目になった事の記念にギネス申請をされます。申請が通れば、同一アニメでの最多主題歌担当に倉木麻衣さんがなるわけですね!

 

倉木麻衣さん自身もコナン君とのコラボが21作品目になったことに感動していらっしゃいます。

 

劇場版の主題歌は、2003年の『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』(2003)以来なんだとか。コナンと言えば倉木麻衣の曲。そういうイメージがついていた私ですが、劇場版主題歌は、約10年もの間かあいていることに驚きでした。

スポンサーリンク

倉木麻衣最新作で浮かんだ“から紅”とは?

最新作「渡月橋 ~君 想ふ~」の制作に当たり、スタッフから次のような依頼があったそうです。

 

『(迷宮の十字路の時のような)その雅な感覚をより鮮明にしながらも、14年という時間が過ぎた新しさを』

 

これを受けて倉木麻衣さんは、“から紅”(からくれない)の奥深い色合いがふわーと浮かんだそうなのですが、から紅とは何か解ってなかったので調べました。。

 

”から紅”とは、漢字で「唐紅」と書きます。唐辛子の唐という字だったのですね。どんな色かというと、深い紅色、真っ赤に染まった紅葉ですね。とても深みのある紅に色づいた、もみじの美しさに心惹かれた事あります。

 

在原業平が詠んだ小倉百人一首に「ちはやぶる 神代(かみよ)も聞(き)かず 竜田川(たつたがは) からくれなゐに 水(みづ)くくるとは」とあるのですが、からくれなゐって何?って思っていたのでちょっとスッキリしました。

 

水面が、鮮やかな紅にそまったもみじで埋め尽くされている様子を言ってたんですね。

まとめ

イメージが直ぐ浮かんで、和を取り入れる。YOSHIKIさんも松田聖子さんの歌に桜という和を取り入れてらっしゃいます。イメージが浮かび、取り入れる物を決め、曲をつくる。

 

芸術的センスが研ぎ澄まされていった人たちが作る歌は、形の無いアートなのだと思いました。

 

推理と高校生の淡い恋愛が並行して展開していくので、見てしまうと続きがきになるコナン。劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』と倉木麻衣さんの主題歌のコラボ。どんな結末か待っているのか楽しみです!

スポンサーリンク