ドラマ「母になる」2話では、小池栄子から広(道枝駿介)への手紙内容が明らかになりました。洗脳、ムカつくなどの声が多いですが、それは誘拐されたことを知っているからではないでしょうか?

「母になる」小池栄子の手紙、内容全文

ドラマ「母になる」2話で明らかになった、小池栄子の手紙。まずは、内容全文を見ていきましょう。

コウへ
ママがこれから行く場所は、凄く遠いところです。
手紙を書くのもやっとです。
だから今こうして急いで書いています。
どうしても伝えたい事があるの。

コウに手紙なんて、こんな日がくるなんて
こんな急に来るなんて、ちょっと焦ってます
うまく伝わるかなぁ。
よく読んで、繰り返しよく読んで下さい。

一つ
ママは、ママじゃ無くなる時が来ます。
あなたの前にいつか新しいお母さんと名乗る人が現われます。
きっとそんな日が来ると思うの。

一つ
その時はちゃんとご挨拶するのよ。
「お母さん、会いたかった」って、
出来たら涙ぐんだりするのもいいかもしれない。

一つ
相手はいきなり抱きしめてくるかも知れない。
嫌がらずにじっとしてること。

一つ
「一緒に暮らそう」と言ってくるかも知れない。
コウ、その時は逆らったりすると、困ったことになると思うの。
だから、黙って頷いておけばいいと思います。

あなたの前に現われた新しいお母さんは、
あなたをどう扱っていいか分からないはずです。

トト坂のことも、ママとコウが二人で暮らした西日の当たる傾いたアパートのことも
そんなことも何も知らない人です。

コウが何が好きで、どんな事に興味があって、どんなふうに大きくなったか
どんな物を食べると嬉しくて、どんな物を出されると困った顔になるか、
目の前に現われたその人は何も知らない。

何も知らないおばさんが現われて、いきなり、「お母さんだ」と言うの、怖いね。
とても怖いことだと思うよ。でも笑ってあげなさい。

優しくしてあげなさい。会いたかった。
お母さん、お母さんって、甘えた感じで言ってあげるといいと思います。
何度も何度もお母さんお母さんって。
ニコニコ笑いながら言ってあげるといいと思います。

そして最後に一つ、何を出されても「美味しい」と言って食べなさい。
「こんな美味しい物、初めて食べた」といって喜びなさい。

ママの作ったカレーやコロッケや魚の煮付けが大好きだった事は
ママとコウだけの秘密です。

コウ、ママとコウだけの秘密、いっぱいあるよね。忘れないでね。
いい子にして待っていて下さい。

コウ。コウが会いたいと願えば、ママは、会いに行きます。
コウが望めば、ママが迎えに行きます。

だから。どうか、どうか忘れないで。
ママはいつだってコウの側にいます。
コウの心の中で生きています。
コウ大好き。
コウ、大切な愛しい我が子。

あなたのママ、麻子より。

 

スポンサーリンク

 

「母になる」小池栄子の手紙内容は、洗脳なのか?

門倉麻子(小池栄子さん)が、実の母である結衣(沢尻エリカさん)が迎えに来ると想定した場合。

何かの事情で子どもが産めない、門倉麻子(小池栄子さん)だった場合、「こんな小さな子を捨てるなんて、なんて酷い母親!」って思うでしょう。

代わりに私が育ててあげるから、もう泣かなくていいよ、安心していいよ。ってなったと思います。

実の母なのに、子どもを捨てて行くなんて、いまさら迎えに来たところで、広(道枝駿介さん)のママは、私なんだからという主張。

あなたの知らない、広(道枝駿介さん)を私は知っている。と言い、二人だけの秘密も山のようにあるという、育ての母の誇り。

あなたのママは私だと言い切りたい気持ち。7年も一緒にいたのに一度捨てた子どもを今更迎えに来るなんてという怒り。

あなた(実の母)が現われたからといって、コウの心にいるのは、私なんだからという主張。

いつまでもコウの母親でいたかったがための、手紙になると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

「母になる」小池栄子の手紙内容は、里親あて?

広(道枝駿介さん)は、児童相談所にいます。里親がやって来る可能性を想定した場合。

 

『「一緒に暮らそう」と言ってくるかも知れない。
コウ、その時は逆らったりすると、困ったことになると思うの。』

 

里親になられる人の中には、子どもに恵まれなくて、一緒に暮らせることをとても楽しみにしている。そこで、嫌だと言えば、里親さんが、悲しい思いもする。児童相談所の人も困ってしまう。だからこういう内容になった気がします。

 

『現われた新しいお母さんは、あなたをどう扱っていいか分からないはずです。』とあるのは、里親である母も、コウのことは、知らない。

 

他人の子に、いきなり我が子へ接するような態度をとることは出来ないかもしれない。なのでコウの方から、お母さんと呼んで、演出してあげてね。という意味かと考えます。

 

 

スポンサーリンク

 

「母になる」小池栄子の手紙内容、考察まとめ

広は、3歳で捨てられたのだから、3歳までの事は、実の母が知っているのは当たり前。なのに、何も知らないと言い切っているのだから、本当のお母さんが迎えに来るかも知れないと手紙の内容にはしないところ。

 

広(道枝駿介さん)は、完全に捨てられた子と思っているのだと考えます。自分にはお母さんがいなくて、知らない人が母と言ってきた。

 

麻子(小池栄子さん)の手紙内容、最初に書いてある”遠い場所”が、もしも刑務所だとしたら。出所してくるまでに里親が現われるかも知れない。本当は、自分が迎えに行きたいけれど行けない悔しさが手紙の内容に現われている気がします。

メモぴー

麻子は、広が誘拐され、置き去りにされたことを知っているのか?


ワルひよワルひよ

もし、知っていて、実の母を想定して書いた手紙なら、酷い女と言われても仕方ない!


ひよこ

子を捨てた母が憎く、もはや他人同然と言いたい内容なのかも

 

 

スポンサーリンク