林先生のことばの検定で取り上げていた「彼氏」って言葉のきっかけがあるのですね。彼女と彼氏はセットみたいに使っていますが、きっかけなんて考えた事ありませんね~。彼氏の語源を掘り下げて見ていくと面白かったですよ、さっそく、見てみましょう!

 

”彼氏”って言葉が生まれたきっかけ、語源

徳川夢声さんが「漫談集」のなかで「彼女と彼の会話」という一文を書いたとき、組版上で1文字スペースが空いたのを”氏”の文字で埋めたのがきっかけだそう。

組版とは、簡単に言うと文字や図を配置して書面を作っていく作業のことです。

 

彼や彼女という言葉、

彼は、~~です。彼女は、~~です。

などと人に紹介するときなど彼・彼女という言葉は使いますよね。

 

彼氏という言葉は、付き合いをしている男の人=恋人を指して使います。けれど彼女という言葉は、女性が会話の中で”彼女”と呼んだりして、恋人関係などという関係に左右されず使いますね。

 

文字数をそろえた方が、バランスも整い、きれいに見えるから”氏”をつけたのがきっかけで、今現在も使われている言葉だったなんて面白いですね!

 

 

 

徳川 夢声(とくがわ むせい)

1894年4月13日生~ 1971年8月1日没

第二次世界大戦後、ラジオ・テレビなどの新しいメディアの波に乗り活躍した。

日本におけるテレビ創成期の立役者のひとりともいわれる。

ラジオ朗読『宮本武蔵』は有名で、のちに東海ラジオ開局15周年記念としてレコード化された。

 

「彼氏」という造語を作った人、彼女に対して彼氏という言葉がひらめいたのが語源なんだそう。

言葉の生まれたきっかけや語源って面白いですね~。

 

参考サイト:Wikipedia新刊JP

 

スポンサーリンク