母になるの感想、みんながヤフーに書いているのを読んで同じようなことを考えて見える人がいました。小池栄子さんが演じる門倉麻子のことです。母になるヤフーの感想を読んで見える方はどう考えますか?

「母になる」感想ヤフーの投稿を読んで

「どうしても母になりたかった」と公式HPに書かれていたことからして
おそらく麻子は出産経験者であって不幸なことに子供を手放す状況、あるいは子供と死別してしまった女性ではないかと思う。
元夫の虐待によって子供が亡くなってしまった?未婚の母であったが麻子の父親がどうしようもない虐待人間で麻子だけじゃなく息子も虐待を受け息子は不幸なことに亡くなってしまった?
コウを庇って人殺しと予告では流れていたが、元夫あるいは虐待父に住んでる所が見つかってしまいコウも虐待を受けていたという感じではないだろうか?と予想する。
こういう感じで麻子に同情的なストーリーが垂れ流されるとしたら凄いズレてるような気がする。
なぜならそれらは柏崎一家には全く関係ない話であって、麻子の愚行によって10年近くこの家族は地獄のような生活を送らざるを得なかったからだ。しかもそこはドラマでは余り描かれていないという始末。
柏崎一家が麻子の背景を知り麻子に同情するような流れになるとしたらこの脚本家を軽蔑する。

Yahoo!みんなの感想より引用

 

門倉麻子(小池栄子さん)は、離婚するなら子どもは置いていくことを条件にされたのではないかと考えていました。

母になる6話では、しつこくつきまとう男性の事が明かされると思いますが、元夫なのかただのストーカ男なのか。

 

門倉麻子(小池栄子さん)にも広と同じ歳の子どもがいるのではないかと気になっています。いくら死にそうだからって、ご飯をあげて病院に行くとかしませんか?

衰弱していたら、病院へ連れて行くと思うんですよね。

 

引用させてもらった感想にあるように、元夫が虐待をしていたのではないかと想像します。離婚話になったら「息子は俺の子だ」と言い出してまた暴力を振るってきたとかありえそう。姑が息子は置いていけと言ったとか。

 

誘拐犯に捨てられて、泣いておびえていた広を見つけた麻子(小池栄子さん)。虐待をされている自分の息子、昔のあの光景がまっさきに頭に浮かび、衝動的な行動にでてしまった。

 

独身なら、まず病院か警察にいくだろうと思うんです。いくら子どもが好きだからって知らない子を育てますか?

 

麻子(小池栄子さん)が広と離れられなくなったのは、自分の子ども・息子と重ねているからだと思うんですよね。一緒にいるだけで母親ではないと、陽一の母(風吹ジュンさん)に6話予告で言われます。「母になる」ってどういうことですか?って冷酷に聞き返していました。

 

5話ででてきた、なう先輩の母、産んでくれたかけがえのない母。育てていなくても、母という揺るぎない事実。

 

血が繋がらなくてもしつけをして一生懸命育てたなら母と呼んでいいのか?何が基準で母と呼ぶのか。折り返し地点に入ったドラマ「母になる」これからが本当の意味で母になることを考えさせられそうです。

 

 

スポンサーリンク