NHKあさイチで特集される「干し油揚げ」。主婦の間で密かなブームを呼んでいる、油抜きいらずの魔法の食材だそう。愛媛の名産品で全国へ出荷されているらしい。スーパーで見落としていた「干し油揚げ」NHKのあさイチの放送前にさっそく食べてみました、さてそのお味は?

あさイチ nhkで特集 干し油揚げとは?

干し油揚げは、遺伝子組み換え大豆は使わず、北米産の高品質たんぱく大豆を使用した高タンパクな油揚げです。通常の油揚げより水分量が少なく軽いのです。残留農薬の検査も行い、科学添加物は使用無しのこだわりよう。日持ちも90日と長く、油抜きせずに使えると主婦に人気の油揚げなんです。

 

愛媛県松山地方で明治の初めに作られていた特産品で、遊び心でやってみた余り物の開発が始まりなのでは?と言われています。普通の豆腐とは違う作り方の豆腐を3mmの厚さに切って、脱水して揚げるので水分量が少ないのですね。

 

柔らかい豆腐を3mmに切るとありますが、想像してみて下さい。一発で上手く出来そうですか?そうなんです、この作業が難しく、数件ある製造元は増えることが無かったようです。当時は機械も無いわけですから、包丁を片手に3mmできる姿は、芸術技とも言われていたほど。

 

過去に10年15年の熟練職人がいた、程野商店さんから取り寄せてみました。卸先のスーパーを調べたら我が家からは遠い!なので通販です。ちょっと高くなりますが、時間を節約しました。

 

届いた箱を見て嬉しいことが。ほんの些細なことなんですけれど、余談にお付き合い下さいませ。梱包のこの気遣い、分かりますか?

  ↓ ↓ (写真)

 

 

ガムテープの隅っこが折り返してあって、ガムテープをはがしやすくしてあるんです。こういう配慮って気が利くなって思うんです。ガムテープの隅っこを、爪でガリガリとはがしていたので、今日はサッと開けれました。ユニクロさんや無印良品さんでもテープを折り返して袋を止めてくれますが、嬉しい配慮です。

 

さて、ジャーンと大きな干し油揚げが出てきました。棒寒天の様です。

 

 

 

開封して取り出してみると、厚さ7mm位?断面図はスポンジのようです(^^)手のひらはすっぽり隠れてしまいました。一般的なあげよりも軽く、ふ菓子です。水分飛ばしているのだから、当たり前か。

 

スポンサーリンク

干し油揚げをそのままで、かじってみる

歯ごたえは、「ふがし」。油っぽいふがしです。一口で止めないと胸焼けしそうだったので、二口目はやめました。刻んだ物もありますが、今回、大判サイズを買いました。まな板にのせたら、干し油揚げが約半分を占領しますが、大きい揚げが好きなので。

 

包丁で切ると「サクッ!」って音がしました。

 

 

干し油揚げレシピ 簡単どんぶり!

親子丼の干し油揚げバージョンです。鶏肉を干し油揚げに変えただけ。嬉しいのが、油抜き不要なこと。意外に面倒ですからね、油抜き。

 

しかも、鎌田醤油の和風たれを薄めて作ったので時短、時短。だしと醤油を使った割り下を使うのが一般的かもしれませんが、鎌田醤油のたれを使ったらもう戻れません。

 

向かって左側の「和風たれ」を干し油揚げどんぶりに使用。右側は、塩分8%のだし醤油です。塩分11%もありますが、我が家は、写真右側を愛食してます。濃い味が好みなら、物足りないかもしれません。

 

鎌田醤油の話になりますが、最近は、スーパーでも買えるようになりました。スーパーだと高いですが、味覚は個人差があるので、お試しに食べてみるのも良いかもしれません。通販は、まとめ買いする方がお得なシステムですからね~。

 

>【鎌田醤油公式ショップ】バラエティセット※【送料込】沖縄県への発送は別途送料756円が掛かります。

価格:2,534円
(2017/2/23 16:53時点)
感想(85件)

材料・作り方

松山あげ丼

(材料)

松山揚げ:大判3枚

青ねぎ:1/2本

たまねぎ:1個

京ねき:1本

卵:4個

割り下:だし250cc、醤油50cc、みりん50cc

 

(作り方)

①みりんを煮きって、割り下を作る

②たまねぎ、京ねぎ、青ねぎは、すべて千切り。京ねぎは水にさらして辛みをとる

③「松山あげ」は、一口大に切る

④鍋にたまねぎ、京ねぎ、割り下を入れて火にかけ、その上に「松山あげ」をしきつめる

沸騰したら、全体に卵を流し、青ねぎをちらす

⑤しばらくフタをして、ご飯に盛ったら出来上がり

引用サイト:程野商店

 

今回の材料は、干し油揚げ、たまねぎ、長ネギ、卵(親子丼と同じ要領で卵でとじる)、最後の飾りに刻みネギです。今ある材料で簡単に。

 

 

干し油揚げを真っ先に食べましたが、「きつねうどんの揚げ」の味です。こんな短い時間でここまでしっかりと味がつくなんて。魔法の食材と言われるのはこれが理由かって思いました。油抜きも不要で煮込みも不要でここまでしっかり味がつくのは感動でした!

 

砂糖醤油で少し煮たら簡単にきつねうどんに乗せられそうです。さらに驚くのがドロッと溶けない所。ふにゃっとして溶けてしまうのかと思っていたら、意外に噛みごたえもあります。

 

どんべいの揚げになりましたね、今日のレシピでは。食感もよく似ています。乾燥させているから似てるのかもしれません。大豆タンパクもとれて日持ちも良いので、ストックしておくと慌てて揚げだけ買いに行くことが無くなりそうです。

 

>【送料490円(沖縄除く】松山あげ(油揚げ) 大判3枚入り【程野商店】

価格:204円
(2017/2/23 17:28時点)
感想(43件)


日持ちは、90日。開封したら冷蔵庫へ。きつねうどんに、この干し油揚げが良いかもと思うので次は、うどんで試してみます。

 

 

スポンサーリンク